デリケートゾーンの黒ずみとホルモンの関係

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、体質や生活習慣など、様々な原因によって起こります。
特に女性の場合は、ホルモンとの関係性によって色濃く表れることがあります。
妊娠中の女性や、産後しばらくの授乳中のお母さんは、デリケートゾーン以外にも乳首や脇の下なども黒くなることがあります。

 

この状況は、これから赤ちゃんの授乳や出産のために体がその準備をするため、メラニン色素が多く出ることにより黒ずんできますが、出産を終えて授乳期間も終わる頃になると徐々に普段の色に戻ってきます。
妊娠時や授乳中だけでなく、人によっては生理前後にも黒ずんでくる人もいます。

 

そういう時期以外で黒ずむ原因としては、生活習慣によるホルモンバランスの乱れからも引き起こされる可能性が高くなります。

 

生理不順であったり、精神的ストレスが溜まっていたり、睡眠不足などで肌の代謝機能が衰えると、古い角質がいつまでも肌に残り、メラニン色素が沈着しやすくなることで黒ずんでくることがあるのです。
顔のシミなども肌の代謝機能の低下によって起こることがあります。

 

黒ずみをこれ以上悪化させないためには、生活習慣を見直し、黒ずみをケアするクリームなどを使用したりするのがおすすめです。
また、下着の摩擦などによってもひどくなることがありますので、あまり体に負担のかけない下着を選ぶことも良い手段の一つになるでしょう。
様々な方法を用いることで、少しでも改善につながるよう心がけましょう。