デリケートゾーンの黒ずみとメラニンの関係

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素が関係しています。
外部からの肌への刺激により、体を守るためにメラニン色素ができます。
紫外線から素肌を守る時も同様のことが言えます。デリケートゾーンは、下着やピッタリとしたジーンズの着用などで、いつの間にか刺激を受けやすくなっている部位でもあります。
肌への刺激を受けやすいために、メラニン色素が生成されて、くすんだり、黒ずみもできやすくなるのです。
もともとが色素沈着しやすいゾーンですし、皮膚も薄くて敏感な場所です。何気ない生活習慣が、いつのまにか色素沈着を、余計にひどくさせている可能性もあるのです。
毎日のバスタイムで、つい面倒になって、体をゴシゴシ洗いしているとしたら、その刺激も原因となります。
洗顔の時と同じように、石鹸を泡立てた泡で、やさしく洗うようにしましょう。
カミソリ処理も、色素沈着をひどくさせてしまいます。
自己処理ではなく、プロの手による脱毛をする方法もあります。
肌負担も減りますし、脱毛マシンの照射により、肌のコンディションもよくなるケースさえあります。
デリケートゾーンの黒ずみは、顔のようにまで白くはならなくても、お手入れしだいで改善はしていくものです。