デリケートゾーンの黒ずみと刺激の関係

デリケートゾーンの黒ずみは、下着や衣服などの刺激と関係しています。
肌には本来、刺激から身体を守る働きがあるため、衣服などの刺激が加わると、防御反応を起こし、メラニン色素を生成します。
その色素が肌に沈着し、残ってしまうため、黒ずんだ状態になってしまうのです。

 

デリケートゾーンを黒ずみから守るためには、まず、出来るだけ摩擦の少ない衣服を選ぶことが必要です。
また、特に下着については、締め付けのないサイズが合ったものを選びましょう。
また、ボクサータイプのショーツや、フレアショーツもおすすめです。

 

そして、入浴時にも、出来るだけ擦らずに、やさしく洗うように心がけましょう。
黒ずんだ部分の肌は、それだけダメージをうけていると言う事でもあります。
ボディーソープなども、洗浄力の強すぎないものを使いましょう。

 

通常、すでに黒ずんでしまった肌も、ターンオーバーが正常に行われていれば、少しずつ元の肌に戻ります。
しかし、ダメージが重なりすぎてしまうと、色素は沈着してしまい、なかなか元には戻らなくなります。
服が擦れているなと感じたら、早い段階で、お肌をいたわるようにしましょう。
また、肌のターンオーバーを促す化粧品や、サプリなどの製品を試してみるのも良いでしょう。